ようこそ! やまめの里へ

トップページ ホテルフォレストピア 五ヶ瀬やまめ養魚場 みやざきサクラマス フィッシングパーク ハイランドスキー場 近隣町村へのリンク 姉妹P・霧立越 五ヶ瀬町の天気 主宰者の部屋


熊本地震による被災地の皆様には心からお見舞い申し上げます。1日も早い復興を切にお祈りいたします。
宮崎側の当地、五ヶ瀬町鞍岡では被災はありません。ホテルフォレストピアも旅館えのはの家も通常通り営業しています。当地までの国道265号線及び国道218号線はいずれも通行できます。尚、道中は気を付けてお出かけくださいませ。


九州山地の奥深く、豊かな自然に育まれた標高700辰慮泪瀬川源流。やまめ棲むその里は、日本で最も早くからヤマメの養殖に取り組んだところで、いつしか「やまめの里」とよばれるようになりました。

昭和39年(1964)からやまめを育て、管理釣り場や料理旅館「えのはの家」ができ、村人は来訪者のための民宿に取り組みました。その後、霧立山地の気象観測を続け東奔西走すること10年、平成2年(1990)に日本最南の五ヶ瀬ハイランドスキー場が誕生しました。

スキー場オープンと共にホテルフォレストピアや新たな民宿などが開業、グリーンシーズンには「霧立越」と呼ぶ尾根伝いの古道、昔の駄賃付け道をトレッキングコースとして整備、インタープリターのガイドを行うことにしました。

そうした中、深山に落差75メートルの「幻の滝」、ガゴが住んでいたという「ガゴが岩屋」、ペルム紀の化石の森などを発見、植物では霧立山地固有種のキリタチヤマザクラを発見するなど新たなトレッキングコースが広がっています。

平成24年の秋、手塩にかけた山女魚を延岡の海に試験放養したところ突然巨大魚に育ちました。くしくも山女魚飼育から半世紀の節目です。古代のサクラマスが蘇えったのでしょうか。この海育ちやまめを「みやざきサクラマス」と呼ぶことにしました。

春、ヤマブキの花が岸辺におどる頃、渓流ではやまめがスミ色の斑紋を輝かせて五色を放ち、矢のようにひらめき泳ぎます。
夏、冷涼な空気のブナ林はトレッキングを楽しむ人々を癒し、天然記念物の植物群落地では珍しい植物たちがお花畑で迎えます。
秋、霜が降りるようになると里は神楽太鼓が響きわたり、霧立山地の森はしだいに赤や黄色に燃え上がるような紅葉に包まれます。
冬、深い雪に包まれた白銀の森は、カラフルなスキーウェアが映え、若者たちの歓声が山々にこだましてにぎわいます。
このページは、こうした「やまめの里」の情報を詳しくお伝えしています。


やまめの里 〒882-1201
宮崎県西臼杵郡五ヶ瀬町大字鞍岡4615番地
TEL0982-83-2326 FAX0982-83-2324
主宰者へのお問い合わせはここをクリック


Copy Right H.akimoto Since 2014